FC2ブログ

記事一覧

今週からGEM

先週の主治医との話。
やはり画像から、局所再発の診断とのこと。
僕自身は諦めきれないというか、詳しく聞きたいことがたくさんあった。
が、本人は、既に受け入れていて治療が出来ることの方が安心できる様子。

正直、これからの厳しさを考えると、泣きたい気持ちになってきます。
が、そういえば、過去のコトを考えると、3回目の洗浄細胞診・内視鏡検査で、腹膜播種が見つかったときもこんな感じだったな。
4回目の検査直前も、卵巣に腫瘍が見つかって、かなり落ち込んだよな・・・

もう一度、奇跡をもらおうとするのは、欲張りなんだろうか?

関連記事
すい臓癌関連の書籍をお探しですか?

コメント

Re: タイトルなし

mirai さん
コメントありがとうございます。
本人がどこまで受け入れているのか、正直判らないところもあります。
だけど、いまさら一般的な経過とかを確認し合ったところで、あまり意味が無いと思いますし、治療に向けての気持ちがあることが救いです。
体調がなかなか回復しない中、色々なところに行って、「もう癌は無いんだ」って信じていた数ヶ月前が既に懐かしいです。
本人が一番ツラくて、僕が支えなきゃいけないのに、今の僕は大声で叫び出しそうな気持ちを必死に押さえています。
慣れるまで、もう少し時間がかかりそうです。

私も最初の癌確定、再発、治療終了と言われる度にショックが大きくひとりでアレコレ考えて凹んでいます。
でも奥様はその事を受け入れられて治療をする気持ちになっておられるのですね。
私も今夫に出来る事を考えているところです。
お互い大切な家族を支える立場、踏ん張りましょうね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FIT393

Author:FIT393
2014年の6月、妻が膵臓癌と診断されました。化学療法中に一旦はステージ4bの診断となりましたが、奇跡的に手術適応となり亜胃温存膵頭十二指腸切除をうけました
が、2017年8月再発が見つかり、2018年5月に3年11ヶ月の戦いは終結しました。
がんという病気が今までの印象と全く違っていたこと、医師との信頼関係など、当事者になって初めて知ったことを書いています。
全体の流れを見たい方は、カテゴリ「まずはじめに」をお読み下さい。

リンク


にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村 病気ブログ がん情報(患者以外)へ にほんブログ村 病気ブログ 家族の病気・看病へ
にほんブログ村テーマ 家族が癌(ガン)になりましたへ家族が癌(ガン)になりました
にほんブログ村テーマ 癌へ
にほんブログ村テーマ 癌~がん~ガン患者のメンタルヘルスへ癌~がん~ガン患者のメンタルヘルス

PVアクセスランキング にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Count