FC2ブログ

記事一覧

もうひとつ嬉しかったこと

通っている病院は、外来病棟と入院病棟が結構離れています。(普通そうなのかな?)
だから、外来受診の時は入院病棟の看護師さんとは殆ど会いません。
もちろん、行き来することはあるでしょうし、共有の通路もありますから可能性はあるんですけどね。

で、手術当日、声を掛けてもらった看護師さんが歩いていました。
http://fit393.blog.fc2.com/blog-entry-34.html
男性なんですが、背が高く、大変気を遣ってくれた方でした。

本人では無くて、僕の方を見て気がついたらしく・・・
そりゃそうですよね。入院しているときの本人は、化粧もしていないし、ウィッグはしていないし、パジャマだし。
あ、かなり痩せたっていうのもあるかな?


「今日は・・・何・・・を・・・」
「定期受診と、栄養相談です。」
「具合は、いかがですか?」
手術から半年経っているので、慎重に言葉を選んでいるのがよく分かります。
「まぁ、下痢と体重減少があるけどね。。。あとは、副作用かな?」
ここで、僕が気がついて
「あ、先月のCTでも今回の血液検査でも異常は無いって」
といったら
「あー、よかったですねー。僕も嬉しいです」
って、やっと緊張が解けたようでした。
こちらは、それが逆に嬉しくて。

確かに、この病気だと、手術後でも病院で会うということはいろいろな意味を持っています。
彼らの気の使いようは大変なものかもしれませんね。

最後に
「又(遊びに来て下さいよ~)」と言いそうになって、言葉に詰まってしまったようで(^^;
だから
「また今度、顔を出しますよ」
と、こちらから言いました。

治療の良い結果を喜んでくれる医師・看護師がいるのは、患者や家族としては心強いです。
それと同時に、なかなか得られない(良い)結果をもらったのだと実感しました。

おかげで、それ以降、元気になっちゃって、話す声が張っててうるさいうるさい。(笑)

関連記事
すい臓癌関連の書籍をお探しですか?

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FIT393

Author:FIT393
2014年の6月、妻が膵臓癌と診断されました。化学療法中に一旦はステージ4bの診断となりましたが、奇跡的に手術適応となり亜胃温存膵頭十二指腸切除をうけました
が、2017年8月再発が見つかり、2018年5月に3年11ヶ月の戦いは終結しました。
がんという病気が今までの印象と全く違っていたこと、医師との信頼関係など、当事者になって初めて知ったことを書いています。
全体の流れを見たい方は、カテゴリ「まずはじめに」をお読み下さい。

リンク


にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村 病気ブログ がん情報(患者以外)へ にほんブログ村 病気ブログ 家族の病気・看病へ
にほんブログ村テーマ 家族が癌(ガン)になりましたへ家族が癌(ガン)になりました
にほんブログ村テーマ 癌へ
にほんブログ村テーマ 癌~がん~ガン患者のメンタルヘルスへ癌~がん~ガン患者のメンタルヘルス

PVアクセスランキング にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Count