FC2ブログ

記事一覧

腹腔洗浄細胞診陽性の意味

「洗浄細胞診」と書いていますが、正しくは腹腔洗浄細胞診と言うようです。面倒ですし、意味は通じますので洗浄細胞診と言っています。術前の洗浄細胞診の場合は、手術の開腹直後に行うものを言います。で、なにをやるのか?腹腔、つまりおなかの中に胃や腸や膵臓などが袋に入っているような状態ですが、その袋の中に生理食塩水を入れます。これを撹拌せずに取り出して、顕微鏡で観察します。もし、そこにがん細胞があった場合、転...

続きを読む

1回目の洗浄細胞診

たくさん書いてきましたが、まだ病気発覚から1ヶ月分になっていません(^^;時系列はここ。http://fit393.blog.fc2.com/blog-category-2.htmlやっと、2014年の8月の話になります。先生とちょっとやり合ってしまった直後でしたが、お互いに良い関係になりつつある・・・そんな3回目の入院が、洗浄細胞診のためのものでした。ちょっとおさらいしますと、洗浄細胞診と腹腔内観察を行います。これは、おなかの中に生理食塩水を入れ、そ...

続きを読む

医師との信頼関係(3)

医師、病院との信頼関係とは、ただ単に「本当に頼って良い相手」という意味では無いと思います。あるとき、もうちょっと治療が進んできてからの話ですが、先生がこんな話をしました。「だいぶ抗癌剤の効果が出ているようで、腫瘍マーカーも下がってきていますね」と。だけど、通常、膵臓癌で使われる腫瘍マーカーのCA19-9 は、最初の検査からずっと下限値でした。これは、血液検査の度に渡される数値の結果表にきちんと書かれてい...

続きを読む

医師との信頼関係(2)

洗浄細胞診と腹腔内観察癌がおなかの中を浮遊していないか?小さな転移が存在していないか?これは、術後の再発度合いを予想するために重要な検査だと判りました。さらに、明らかに転移がある場合に手術をしない(手術が出来ない、というニュアンスではありません)というのも理解できました。では、その検査している時間というのは、手術のタイミングを逃す可能性はないのか?実はまだこの時点でも「なんとか手術さえしてしまえば...

続きを読む

医師との信頼関係(1)

「え?手術じゃなくて、検査なの?」この時、僕は電話口で猛烈に怒ったような気がします。前の病院で言われていた手術の期日が近付いてきているのに、まだ検査とはどういうこと?僕らはまだその時、がん という病気をよく分かっていませんでした。膵臓がんの情報は調べれば調べるほどブルーになりました。目に付くブログも、読み進んでいくうちに残念な方向に行く場合が多かったです。その中で、「手術をする」というのがどれだけ...

続きを読む

プロフィール

FIT393

Author:FIT393
2014年の6月、妻が膵臓癌と診断されました。化学療法中に一旦はステージ4bの診断となりましたが、奇跡的に手術適応となり亜胃温存膵頭十二指腸切除をうけました
が、2017年8月再発が見つかり、2018年5月に3年11ヶ月の戦いは終結しました。
がんという病気が今までの印象と全く違っていたこと、医師との信頼関係など、当事者になって初めて知ったことを書いています。
全体の流れを見たい方は、カテゴリ「まずはじめに」をお読み下さい。

リンク


にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村 病気ブログ がん情報(患者以外)へ にほんブログ村 病気ブログ 家族の病気・看病へ
にほんブログ村テーマ 家族が癌(ガン)になりましたへ家族が癌(ガン)になりました
にほんブログ村テーマ 癌へ
にほんブログ村テーマ 癌~がん~ガン患者のメンタルヘルスへ癌~がん~ガン患者のメンタルヘルス

PVアクセスランキング にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Count