FC2ブログ

記事一覧

(お知らせ・お詫び)過去記事中の誤りについて

先日、あるLIVEを見ていて気がついたことがあったので調べました。それは、「胃がんに対しての、パクリタキセル腹腔内投与は先進医療Bである」というところでした。私はいくつかの過去記事で、このパクリタキセル腹腔内投与を「胃がんでは保険適応されている」と書いていましたし、当時の闘病・治療選択に於いて(2014年8月当時)の判断も、それに従ったものでした。現時点では、その当時の医師の説明が間違っていたのか、僕の受...

続きを読む

(ちょっと脇道)標準治療に囚われた人

ちょっとこれまでのテーマから外れて、その間に感じたこと。っていっても、癒される内容の話じゃないんですけどね。(^^;僕のカミさんはたまたま標準治療で済みました。済みましたって言う書き方はどうか?と思うんですが、判りやすく言うとそういうことです。だから「標準治療がイイヨ」なんて言うつもりは全くないんですね。治療が始まる時点で、樹状細胞ワクチンの臨床試験や丸山ワクチン、温熱療法、その他様々な治療法を目にし...

続きを読む

答えは何か?

今、情熱大陸という番組を見ていました。僕が、他所でも言っている話と同じ事を言っていました。「今の子たちは頭が良いから、すぐに答えを見つけようとする。だけど、大事なのは答えじゃ無くて、その過程だ」そう言っていた僕らも、最初は同じようなアプローチをしていました。「とっとと切っちゃえば治る」と。だけど、切れるかどうかの見極めとか、その次の治療とか、出来ないときの治療とか・・・色々な分岐点が存在していて、...

続きを読む

医師・病院が語らない本音

https://ameblo.jp/miyazakigkkb/entry-12443821864.html押川医師のブログです。非常に長いのですが、患者の立場と医師の立場と現在の医療について良く書かれていると思います。(良く書かれているなんて、本職に対して失礼ではありますね(^^;)ですが、一つだけ書かれていないことがあります。それは医師の本音です。実は、患者・家族が忘れている大事なものです。医師・病院は毎日の業務を淡々とこなしているのではありません。...

続きを読む

希望と絶望

昨日までハイペースで丸山ワクチンのことを書きました。僕は体験談をあまり信じないんです。信じないって言うか「ふーん、そんなことがあったのね。」位でしかないんです。例えば、宝くじの1等に当たった人の話・・・宝くじには多数のハズレがありますが、必ずアタリがあります。ということは、圧倒的多数の「ハズレの人」の他に、ごく少数の「当たっていた」人も間違いなくいるわけです。この人の何を聞けば、宝くじが当たるよう...

続きを読む

丸山ワクチンの功罪・その4

これが丸山ワクチンに関しての最終回です。何度も書いて申し訳ないです。「私は丸山ワクチンを否定するつもりはない」です。これは大前提です。今、当事者(患者・家族)の方は、治療法についてどう感じているでしょうか?様々な情報がありすぎて、正解に辿り着けなくて、迷いに迷っている?それは、そのほうが正常です。だから、僕は医者と仲良くするべきだと考えています。残念ながら、おそらくうすうすは感じているでしょうが、...

続きを読む

丸山ワクチンの功罪・その3

何度も書きますが、私は丸山ワクチンを否定する気はありません。ただ単に、出されているデータに対して疑問・不信を感じてしまう、というものです。詳細の計算はご自身でして頂くとして(^^;公式サイトで誰でも見られるデータの、直接的で判りやすい矛盾を並べます。---http://vaccine.nms.ac.jp/general/contents/cont01_01.html#ChiryouJisseki「丸山ワクチンの投与を受けた患者さんの総数は2015年12月末で399,787人に上ってい...

続きを読む

丸山ワクチンの功罪・その2

前の記事で、確定的な数字とか出しませんでした。「そのぐらい計算してくださいよ」という気持ちもあります。それなしで主治医に「丸山ワクチンはやっても意味が無いですよ」と言われて反論する術はありません。まさか、「ネットで効くと書かれていたんですけど」とか「効いた人もいるみたいですけど」とかが理由じゃ、医師はその後の対応を考え込んでしまいます。(このあたりは、また後ほど書きたい部分なんですけどね)せっかく...

続きを読む

プロフィール

FIT393

Author:FIT393
2014年の6月、妻が膵臓癌と診断されました。化学療法中に一旦はステージ4bの診断となりましたが、奇跡的に手術適応となり亜胃温存膵頭十二指腸切除をうけました
が、2017年8月再発が見つかり、2018年5月に3年11ヶ月の戦いは終結しました。
がんという病気が今までの印象と全く違っていたこと、医師との信頼関係など、当事者になって初めて知ったことを書いています。
全体の流れを見たい方は、カテゴリ「まずはじめに」をお読み下さい。

リンク


にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村 病気ブログ がん情報(患者以外)へ にほんブログ村 病気ブログ 家族の病気・看病へ
にほんブログ村テーマ 家族が癌(ガン)になりましたへ家族が癌(ガン)になりました
にほんブログ村テーマ 癌へ
にほんブログ村テーマ 癌~がん~ガン患者のメンタルヘルスへ癌~がん~ガン患者のメンタルヘルス

PVアクセスランキング にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Count