FC2ブログ

がん(膵臓癌)に出会って初めて判ったこと

家族がステージ4すい臓癌・手術不適から、手術にこぎつけた

頼れる薬

「薬」っていうと、病気の治療のことだけを考えがちですが、そうじゃない用途も多いです。
例えば、術後に筋力が極端に低下するなら、筋肉増強系の薬だって出してもらえるでしょう。

そういう「不調」は、かならず医師に相談した方が良いです。
安易に「仕方が無い」と考えて「大丈夫です」なんて言わずに、細かく説明した方が良いですね。
人によって様々な症状があるのに、患者や家族は「先生は専門だから、どうなっているか判っているはず」なんて思いこんでいます。
だから「(判ってもらえているだろう・・・だから、このぐらいだったら)大丈夫」なんて言ってしまうと、実は「ああ、問題ないんだな」と受けとられてしまい、必要の無いストレスを抱えてしまいます。

一番頼った方が良いと思うのは、痛み止めです。
「痛いのは仕方が無い」なんて思うのは、正しいのかも知れませんが、得ではありません。
痛い原因やきっかけが判っていて、それが例えば食事だったりすると、それだけで満足な食事が出来なくなります。
充分な痛み止めを服用することは、それだけで生活のブレーキを外してくれます。
どんな治療をするにも、何より大事なのは体力です。
食事が満足に出来なかったり、行動に制限があると、気分も落ち込みますし、何一つ良いことがありません。
簡単に「QOLの維持」っていいますが、単に満足な生活が出来るレベルっいうことではなく、
充分な治療を継続するために大事な要素なのです。

依存性や麻薬のような幻覚などの心配をする人も多いです。
ウチも最初はそうだったのですが、痛みがあるならば心配は要らないです。
*いや、全く影響が無いわけでは無いでしょうが・・・
というのは、これら麻薬系の痛み止めは、何に作用するかというと、単純に神経を麻痺させるのでは無くて、痛み伝達物質に作用して痛みを感じにくくするからなんです。
つまり、強い痛みがある場合は、痛み伝達物質が充分にあるということなので、麻薬系痛み止めがそれを中和する働きがあり、その他の正常な神経などには大きく影響しないのです。
*これ、一番誤解されているところでしょうね。

ついでに、痛み止めの他にも頼れる薬があります。
それは、向精神薬です。
これも、依存性などがよく言われていますが、病気を抱えて毎日不安な気持ちで過ごすのだったら、処方してもらった方が良いと思います。

実際に、飲み方はいろいろとあるのですが、ウチでは痛み止めに、オキシコドン、オキノーム、セレコックス、向精神薬にエチゾラム、セパゾンを処方してもらっています。
元気に動けるのは、本人にとっても自信になります。
家族にとってもうれしいことです。
今後の治療を続けるためにも、是非考慮した方が良いですよ。

関連記事

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/01/23(火) 14:42:21|
  2. 現在進行形
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad