FC2ブログ

がん(膵臓癌)に出会って初めて判ったこと

家族がステージ4すい臓癌・手術不適から、手術にこぎつけた

どんと祭の憂鬱

私たちが住んでいる地域では、正月飾りを神社に集めて燃やす風習があります。
それが「どんと祭」です。
神社には、神頼みの時にしかいかないですよね?
ですが、僕らはこの「どんと祭」のおかげで毎年神社に行くことになります。

何が憂鬱なのか?
おみくじ なんですよね。

良いおみくじが出るまで、何度引いても構わないようなのですが、毎回憂鬱です。
いや、僕が引く分じゃ無くて、本人の方が・・・

去年は、5回ぐらい引いたかな?
今年は、2度目で「大吉」が出たのですが、あんまり内容が良くなかった。しかも「49番」っていう。
で、次に引いたのが「吉」でしたが、かなり良いことが書かれていました。
本人泣いちゃうぐらいで・・・・

さて、体重ですが、一瞬40kgを越えましたが、なかなかここから先が難しいです。
食べる回数が増えています。

先週は、今年初めての外来でした。
積極的な治療の提案は無く、ちょっと不安ですが、まずは体力を付けることが出来そうです。
放射線のおかげか、痛みも若干楽になっているようです。
といっても、痛み止めを飲まないで済んでいるわけじゃ無いですけどね。

病は気から っていいますが、とにかく痛みを楽にすること、これは全てに於いて良い方向に転がるはずです。
関連記事

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/01/16(火) 00:09:43|
  2. 現在進行形
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad