FC2ブログ

がん(膵臓癌)に出会って初めて判ったこと

家族がステージ4すい臓癌・手術不適から、手術にこぎつけた

放射線治療15日目

放射線照射も15回になりました。
計画では30回ですから、やっと折り返し地点です。

最初から入院しての放射線は、あまりないらしいのですが、痛みのコントロールが上手く出来ないのと、本人だけでは毎日通えないので甘えさせてもらっています。
いや、甘えるって言うとかなり軟弱ですが、手術後の体重減少・体力低下が重なっていますから、確かに行動範囲は狭いんです。

で、「最初から~」と書きましたが、やっばり後半にかけて副作用が出る場合が多いらしいです。

オキシコドンをベースにオキノームを頓服でもらっていますが、なかなかうまく繋がらず、痛みがある時間があるそうです。
食べたり動いたりすると痛みがあるらしく、体重も37kg台になってきました。
たまに、メモに体温が書かれていて、℃の単位が書かれていないとドキッとします。
ただ、痛みの対処で、緩和医療科の先生も来てくれているので、大胆に痛み止めを処方してくれていて助かります。
本当は、僕としても痛みは緩和医療の方がいいのかな?と思っていましたが、本人に「緩和医療」と言うのはちょっと抵抗がありました。
なんとなく、終末医療を想像させちゃうかな?と思ってしまって。

土日に、外泊許可をもらいました。
割と自由に外出とかもらえるのですが、上記のように歩ける距離が多くないので、僕がいないと無理みたい。
何か美味しいものを食べさせたいですが、これも冒険です。

食べたいものがたくさんあるようです。ピザも3年以上食べていないかな?
痛みが怖いと、本当に弱ってしまいますね。
関連記事

テーマ: - ジャンル:心と身体

  1. 2017/12/06(水) 01:08:59|
  2. 現在進行形
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad