FC2ブログ

がん(膵臓癌)に出会って初めて判ったこと

家族がステージ4すい臓癌・手術不適から、手術にこぎつけた

痛みのコントロール

先々週は、3回目のGEM。
栄養指導で体脂肪やら筋肉量などを計測したりしましたが、体重は減っているのに筋肉量が増えていて看護師が驚いていました。
ええ、体重減少が多かったので、筋肉増強剤的なものを処方してもらっていましたからね。
で、先週は1週休みです。

痛みのコントロールが難しいです。
一般的に効果が長いとされているセレコックス、オキシコドンをベースとして、頓服的にロキソニンかオキノーム。
これの組み合わせがイマイチ正解に辿り着いていない感じです。
日中は、食事をしていなければさほど酷くはないらしく、食後にロキソニンを飲んでいるようです。
セレコックス100mgは、夕食後20時頃に2錠服用しても、2時ぐらいにオキノームを飲んでいます。
寝る前の薬をオキシコドンにしても、6時間後のオキノームは飲んでいるようです。

で、朝はまり調子が良くないようです。
最近は、吐き気というかムカムカ感があるようです。
これは、GEMの副作用かも知れません。
で、39kgあたりを推移していた体重も、また38kg台に落ちてきています。

ただ、これだけは言えるのですが、痛みがあるとかなりメンタル的に弱くなってしまいます。
最近の治療方針では、痛みは積極的に押さえるのが主流のようです。
が、病院の処方は、まず弱い薬(少ない量)から、という感じなので、なかなかスパッと痛みが無い状態には持ち込めないようです。
これだと、痛みが強いときは「もうかなり進行したんだ」とか弱気になります。
何と声を掛けて良いのか、正直言ってわかりません。
「大丈夫だよ」なんていうのも、何が根拠なのか?
ですが、痛みが無いときはすごく元気で活発です。

体も心も、痛みから遠ざけてあげたいです。
関連記事

テーマ: - ジャンル:心と身体

  1. 2017/09/20(水) 09:08:08|
  2. 現在進行形
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad