がん(膵臓癌)に出会って初めて判ったこと

家族がステージ4すい臓癌・手術不適から、手術にこぎつけた

今週からGEM

先週の主治医との話。
やはり画像から、局所再発の診断とのこと。
僕自身は諦めきれないというか、詳しく聞きたいことがたくさんあった。
が、本人は、既に受け入れていて治療が出来ることの方が安心できる様子。

正直、これからの厳しさを考えると、泣きたい気持ちになってきます。
が、そういえば、過去のコトを考えると、3回目の洗浄細胞診・内視鏡検査で、腹膜播種が見つかったときもこんな感じだったな。
4回目の検査直前も、卵巣に腫瘍が見つかって、かなり落ち込んだよな・・・

もう一度、奇跡をもらおうとするのは、欲張りなんだろうか?

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

  1. 2017/08/21(月) 22:12:57|
  2. 現在進行形
  3. | コメント:2

コメント

私も最初の癌確定、再発、治療終了と言われる度にショックが大きくひとりでアレコレ考えて凹んでいます。
でも奥様はその事を受け入れられて治療をする気持ちになっておられるのですね。
私も今夫に出来る事を考えているところです。
お互い大切な家族を支える立場、踏ん張りましょうね。

  1. 2017/08/23(水) 11:01:16 |
  2. URL |
  3. mirai #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

mirai さん
コメントありがとうございます。
本人がどこまで受け入れているのか、正直判らないところもあります。
だけど、いまさら一般的な経過とかを確認し合ったところで、あまり意味が無いと思いますし、治療に向けての気持ちがあることが救いです。
体調がなかなか回復しない中、色々なところに行って、「もう癌は無いんだ」って信じていた数ヶ月前が既に懐かしいです。
本人が一番ツラくて、僕が支えなきゃいけないのに、今の僕は大声で叫び出しそうな気持ちを必死に押さえています。
慣れるまで、もう少し時間がかかりそうです。
  1. 2017/08/23(水) 14:48:20 |
  2. URL |
  3. FIT393 #PzOJF./Q
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad