FC2ブログ

がん(膵臓癌)に出会って初めて判ったこと

家族がステージ4すい臓癌・手術不適から、手術にこぎつけた

再発かも?

今日、主治医の診察を受けました。

血液検査とレントゲン後に、本人もキッチリ話します。状況をノートに書いておきましたから。
結果、小腸にガスが溜まっているので、何らかの原因で腸閉塞になっている可能性がある、と。
よって、まずはCTを撮ってきて下さい、と。
で、食事の量を増やせないので体重減少が続いているようなので、入院による点滴での経過観察。

まぁ、詳しい検査があるとは思っていましたが、入院と言われるとは思っていなかったので、準備が出来ていません。
CT撮って、病室割り当てられて、それから家に帰って久々の入院の準備です。

そして、病院に着いたところで、主治医では無いけれど、いつも担当してもらっている医師と会いました。
若い医師ですが、僕らも気軽に話が出来る人です。
「食べられないんですよね?」と。
なので「食欲はあるんですが、食べると痛むんですよ」と答えました。
「あとは、なかなか病院に来たくない理由があって、再発とか言われるのが怖いんで、連絡しにくいんですよね」と答えました。

部屋に着いてから、看護師から、その医師が呼んでいる、と。
「うわ、ちょっと困ったぞ」と思いました。
あんまりいい話じゃ無いことは予想できましたし、本人もそのことを感じ取ったはずだからでした。

言われたのは、
「上腸管膜動脈あたりに影があるので、局所再発だと思います」ということと、
「腸閉塞のよう感じにはなっていますが、がんの再発などとの因果関係は無いと思われます」とのこと。

ヤバイ状況。
聞きたくない話ですが、見立ての話は仕方がありません。
問題は、このあと本人の元に帰って、なんと話したら良いのか?
とりあえず、先生には「腸閉塞の話と、それががん再発とは因果関係が無いといったことを、2人で居るところで説明して頂けませんか?」とお願いします。

が、やっぱり戻ったときに本人に「隠し事はやめよう」と言われ、本当のことを話しました。
後に先生が説明に来ましたが、事情を説明しました。

説明の内容は以下のようなものです。

4月の画像と今回の画像を比較すると、上腸間膜動脈付近に影が出来ている。
これが今回の腹痛とは直接は関係は無いだろう。
影は、画像を見た医師の全てががんとは判断しないだろう。
判定するにはPETなどで複数の要素を持っておこなう。
今は栄養障害(腹痛により食事がとれなくなること)の改善が最優先。
体調を整えて化学療法をやる。
以前のGEM+アブラキサンがよく効いていたので期待が持てる。

このような内容でした。
今の段階で、がん(?)が悪さをすることは無いだろうけど、治療は早い方が良いとのこと。

いい話を聞けなかったのは残念ですが、何故か心に若干の晴れ間があるのも事実です。
というのは、ひとつは、現状を正確に理解できたというのがあります。
なんとなく、体全体を見ずして、効かない薬を渡されて帰りたくなかった、と言うのもありますが、
おかしなもので、手術後に思ったように改善していかない体の問題点を見ることが出来たというのがありました。

登山に似ていると思うんですよ。
視界があまり良くなくとも、手を伸ばして上に岩があるときは、それに手を掛けて登ることが出来ます。
だけど、手術後、登り切ったと思って足下を見たら、霧が濃くて全く見えない状態になっていた。
手を伸ばして、掴まってから上がるのと、見えないところに足を運ぶのでは全く安心感が違います。
残念なことに、僕らは1ヶ月に一度の検診が怖くてしょうがありませんでした。
だから、体の変化も上手く伝えるチャンスがありませんでした。

たまたま、今回は別の症状が出ていて、それでちょっとだけ早く異常を見つけることが出来ました。
だから、そんな感じにポジティブに捉えようと思っています。

それと、先生が、患者本人では無く、僕を呼んだこと。
これは、インフォームドコンセント的には、あまり良いことでは無いのかも知れません。
だけどこんな風にも考えているんです。
それは、エレベーター前で話したこと。
「なかなか病院に来たくない理由があって、再発とか言われるのが怖いんで、連絡しにくいんですよね」
これを聞いて、僕らが(僕が)キッチリ対処するだろうと考えたと思うんですよ。
下手すりゃ、患者本人から「なんで隠していたんだ」と言われることですよ。
それとも、もう家族が本人に伝えるかどうかを判断する状況だと思ったということでしょうか?
僕はそう考えたくないんですよね。

言いたいことを言い合って、積極的に治療を進めていける患者・家族、と思っていなかったら、
主治医が判断するまで、
もしくはPETの結果が出るまで、「家族だけ」には言えないと思うんですよ。

さて、ちょとブルーです。
明日、おなかが痛いのが治ってくれていれば、もしくは、対処方法が見つかってくれていれば・・・いいんですが。

また長い戦いになるかも知れません。

関連記事

テーマ: - ジャンル:心と身体

  1. 2017/08/04(金) 23:07:27|
  2. 現在進行形
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad