FC2ブログ

がん(膵臓癌)に出会って初めて判ったこと

家族がステージ4すい臓癌・手術不適から、手術にこぎつけた

発見から3年経過

2014年のレントゲン診察で膵臓の腫瘍が「ガンだと思われる」と言われてから、3年になります。
この時点のステージは3といったあたりでしょうか?

5年生存率という言葉は、患者本人も家族もかなり揺さぶりをかけてくるのですが、
ウチの場合だって、当時の主治医の説明からすれば「1年ぐらい掛けてここまで成長したと思う」ということです。
2年ほど前から、思い当たる症状はありましたからね。
どこを起点に定義するかで全く違ってしまいます。
(5年生存率の定義は、治療開始からその時点で生存しているかどうか)

今公開されている5年生存率は、最新で2008年診断です。
ということは、2008年にガンと判って、治療をはじめて2013年まではどうか?という統計です。
TS-1の膵臓癌への保険承認が2006年ですから、ノウハウも整いつつあった時期かもしれません。
そして、当然ながらアブラキサンの承認が2016年ですから、ここには含まれていません。
過去の結果を見て、「これよりもずっと良くなっているはず」と考えた方が良いでしょうね。

ガンの部位が同じでも、薬の効き方や経過など、千差万別で人それぞれ違います。
決定打はありません。
ウチはたまたまアブラキサンがよく効いてくれて、卵巣転移が幸運にも摘出できて・・・といろいろな経過を辿りましたが、
これも病院・医師が迅速・かつ丁寧に対処してくれた結果ですし、
またそれを僕らはよく話し合い、医師団と理解し合った、と自負しています。

様々な情報を投げかけて、丁寧に答えてくれている医師に感謝しています。
ですが、それは仮に医師が「それはよくわからない」という答えを言っても、なるほどそれは仕方が無い、と理解する僕らの対応があったからだとも思っています。

これからも、医療に頼って頑張らないと・・・
って、まずは、減量したTS-1が、体調を戻してくれるのが先か・・・

関連記事

テーマ: - ジャンル:心と身体

  1. 2017/06/27(火) 09:21:16|
  2. 現在進行形
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad