FC2ブログ

がん(膵臓癌)に出会って初めて判ったこと

家族がステージ4すい臓癌・手術不適から、手術にこぎつけた

もうひとつ嬉しかったこと

通っている病院は、外来病棟と入院病棟が結構離れています。(普通そうなのかな?)
だから、外来受診の時は入院病棟の看護師さんとは殆ど会いません。
もちろん、行き来することはあるでしょうし、共有の通路もありますから可能性はあるんですけどね。

で、手術当日、声を掛けてもらった看護師さんが歩いていました。
http://fit393.blog.fc2.com/blog-entry-34.html
男性なんですが、背が高く、大変気を遣ってくれた方でした。

本人では無くて、僕の方を見て気がついたらしく・・・
そりゃそうですよね。入院しているときの本人は、化粧もしていないし、ウィッグはしていないし、パジャマだし。
あ、かなり痩せたっていうのもあるかな?


「今日は・・・何・・・を・・・」
「定期受診と、栄養相談です。」
「具合は、いかがですか?」
手術から半年経っているので、慎重に言葉を選んでいるのがよく分かります。
「まぁ、下痢と体重減少があるけどね。。。あとは、副作用かな?」
ここで、僕が気がついて
「あ、先月のCTでも今回の血液検査でも異常は無いって」
といったら
「あー、よかったですねー。僕も嬉しいです」
って、やっと緊張が解けたようでした。
こちらは、それが逆に嬉しくて。

確かに、この病気だと、手術後でも病院で会うということはいろいろな意味を持っています。
彼らの気の使いようは大変なものかもしれませんね。

最後に
「又(遊びに来て下さいよ~)」と言いそうになって、言葉に詰まってしまったようで(^^;
だから
「また今度、顔を出しますよ」
と、こちらから言いました。

治療の良い結果を喜んでくれる医師・看護師がいるのは、患者や家族としては心強いです。
それと同時に、なかなか得られない(良い)結果をもらったのだと実感しました。

おかげで、それ以降、元気になっちゃって、話す声が張っててうるさいうるさい。(笑)

関連記事

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/05/30(火) 08:51:33|
  2. 現在進行形
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad