FC2ブログ

がん(膵臓癌)に出会って初めて判ったこと

家族がステージ4すい臓癌・手術不適から、手術にこぎつけた

体重の変化と食べ物の量

ちょっと気になったので、手術前後の体重変化と、食事の量などを書いてみます。

具体的には、手術前の体重は54kgほどでした。
手術前は、動物性の油脂などで胆嚢炎が激痛だったので、魚系とかを食べていましたが、アブラキサンをやっている間は味覚障害が酷く、食べる量はその味覚障害の程度と体調によって、という感じでした。
食べたくないときでも、おかゆと梅干しかは食べていたかな?
それと、割と強い便秘症状でした。
水分を多く取ったり、便通の薬を飲んだりしましたが、一旦詰まっちゃうと(^^;なかなか出にくくなるんですよね。

で、手術直前に、急に体重が増えて58kgになりました。
これは何故そうなったのか判りません。
もしかすると、脳が手術直前を危険状態と判断して、栄養分をため込んだからかも知れません。
(根拠無し(笑))

手術直後は、内臓物をどれだけ取ったのかはわからないのですが、点滴などの水分を入れられていたせいで、下痢をしているのにもかかわらず57kg位の体重がありました。
退院までの2~3週間は、食べられても1/3人前ぐらいで、下痢は続いていました。
ただ、手術の経験者や、医師の話だと、手術前から大体10kg位は落ちると言われていました。
だから、点滴をやめて、体が食べ物を受け付けるようになるまでに、50kgを切るかな?と。

退院直後は52kg位。
下痢は相変わらず、食事は1/2位。

今は、一人前は食べられますが、下痢の状況はなかなか変わりませんね。
ただ、食べる量が増えた分のことを考えると、下痢の間隔が同じと言うことは、だいぶ留まってくれているのかな?
下痢をした後は、空腹感があるようです。
で、一度だけ49kg台に入りましたが、今は51kg前後をウロウロしています。
-10kgまでは落ちませんでした。

関連記事

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/02/24(金) 00:18:55|
  2. 現在進行形
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad