FC2ブログ

がん(膵臓癌)に出会って初めて判ったこと

家族がステージ4すい臓癌・手術不適から、手術にこぎつけた

大学病院へ

その大学病院からヘルプできている先生の話では、今の病院よりもこんなところが優れている、とのこと。
・膵臓がんの治療症例・手術数がかなり多いということ。
・病状や病勢によっては他の専門科に受診する必要があるが、大学病院ではその連携が取りやすいこと
・技術的にも優れていること
・結果的に、膵臓がんの治療の際は、自分たち大学病院からの医師によっておこなわれること

これは、ここの文章では非常に判りやすく書いていますが、実際はもうちょっと現在の病院に配慮した言い方でした。
それはそうですよね。あからさまに、ヘルプできた医師が、その病院を悪く言っているみたいになっちゃいますから。

ですから、意味を確認しながら説明を聞きました。
そして、「この件は、今の主治医は知っていますか?」と質問しました。
すると「知っています。結構な数の患者さんも転院していますし」と。

ここまで聞けば、転院しない理由はあまりありませんでした。
まぁ通院の場合に、近いか遠いかぐらいのことでしょうか?
その場では返答せずに、「じゃ、返事は、明日、主治医にします」と答えました。
やっぱり、ここは慎重にならないと、と咄嗟にそう答えました。

相談して出てきた答えは、当然「転院しよう」というものでした。
翌日、主治医に話したところ、快諾してくれました。
まぁ「一応、手術日の予約もしたんですけどね」的なことも言われましたが。
笑いながら「それはいつ頃だったんですか?」と聞いたところ
主治医は「来月末」って。

実は、このやりとりが後にちょっとした騒動の原因になります。
だけど、結果的にはその騒動はその後の治療に大きく役に立ったと思っています。
それが「知らなかったこと」の1つでした。

1週間ぐらい空けて、大学病院に検査入院しました。
ヘルプで来ていた医師は、今度は主治医です。
元の総合病院の結果は、もちろんこの医師は全て知っているのですが、一応全部の検査をやり直す、と。
いつもにこにこしていて温和な先生です。僕よりも1廻りぐらい若い先生でしょうか?

この時点では、既に元の総合病院の先生やら、この先生やら、症例数など全てネットで漁っていました。
その差は大きかったので、ある程度の信頼をしていました。
何よりも前出の「技術が優れている」という部分に、画像診断のこともありましたので、再検査について疑問を持っていませんでした。
(実際に、あとで見せられたCTの画像差に驚いたぐらいでしたから)
ここは、割と盲点でしたね。
例えば、手術の技術のように人のファクターが大きいものは、「差がある」というのは判りやすいです。
だけど診断装置や、その結果を基に所見を述べる医師の技量は判りにくいです。
比べることなく、その病院での結果が、他の病院で大きく変わるとは思っていませんでした。

もちろん、膵臓がんが、膵臓がんではないという診断になるかどうか?と言う話ではないのですが、手術の検討をするにも治療の効果判定をするにも診断はその第一歩ですから。
そうして、再度の生検とCT MRI などを次々とやっていきました。
もちろん、その検査によって「膵臓がん」が「膵炎」などに変わるとは思っていません。
ある意味では「これからお世話になります。よろしくおねがいします。」の儀式のような気持ちでしょうか?

胆嚢炎の症状は、ステントが入ったことで劇的に改善しており、食事も全く問題ありません。
痛みもなく、医者に言われなければ、健康体と同じです。
一旦退院して、次の指示を待っている間もそんなに悲観的ではありませんでした。
この時点では、前の主治医の「来月末の手術」というのが頭に残っていたからです。

ところが、大学病院からはその後連絡が無く「来月末」という日が段々と近付いてきています。
これは、こっちから連絡しなきゃいけないかな?とイライラしていたところに大学病院の担当科の別の医師から電話が入りました。

「今月末、検査をしたいので入院して下さい」

「え?検査?手術じゃないんですか?」

[http://sick.blogmura.com/ranking_pv.html にほんブログ村 病気ブログ]
[http://sick.blogmura.com/pancreaticcancer/ranking_pv.html にほんブログ村 すい臓がん]
[http://sick.blogmura.com/nursing/ranking_pv.html にほんブログ村 家族の病気・看病]
関連記事
  1. 2014/07/28(月) 16:08:37|
  2. 過去記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fit393.blog.fc2.com/tb.php/19-df08416d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad