がん(膵臓癌)に出会って初めて判ったこと

家族がステージ4すい臓癌・手術不適から、手術にこぎつけた

医師との信頼関係(2)

洗浄細胞診と腹腔内観察

癌がおなかの中を浮遊していないか?小さな転移が存在していないか?
これは、術後の再発度合いを予想するために重要な検査だと判りました。
さらに、明らかに転移がある場合に手術をしない(手術が出来ない、というニュアンスではありません)というのも理解できました。

では、その検査している時間というのは、手術のタイミングを逃す可能性はないのか?
実はまだこの時点でも「なんとか手術さえしてしまえば・・・」という気持ちでいたのです。
その質問に、先生は明快な答えを出しました。
「癌の転移や成長にはそれなりの時間が掛かります。将来的に転移や成長の可能性がある状態、つまり洗浄細胞診でがん細胞の浮遊が確認されたりした場合には、まだ抗癌剤がよく効く状態です。結果的に、その時点で手術をしたとしても、再発の可能性が非常に高い状態でがん細胞を残して、抗癌剤で押さえ込めない状態にしてしまっては元も子もない。だから、仮に開腹時に目に見えない状態であっても、その数ヶ月前の状態(がん細胞が浮遊している状態)を確認することは利益になる」と。

なるほどと頷けました。

検査次第ではあるけど、仮に洗浄細胞診も腹腔内観察でもがん細胞が見つからなかった場合、手術が出来ることになります。
もちろん、実際には開腹してみて無理な場合も有り得ますが。
その場合でも、術前抗癌剤の投与をするべきで、その方が治療効率が良いと言うこと。
そうすると、少なくとも、手術まで6ヶ月ぐらいの抗癌剤投与はしたほうがよいということ。

その他、抗癌剤投与だけとする方法、全く違う治療をする方法、全く治療をしない、全ての選択肢を出してその利得を説明してくれました。
保険診療となるもの、自由診療となるもの、ガイドラインとしての治療方法。

これらの説明を聞いたときに、どうして保険診療というのが「認められた治療」なのかが判りました。
つまり、臨床試験に於いて、「ある程度の効果が認められたモノ」として保険診療になる、ということ。
最先端の治療は、言葉の印象とは違って「どれだけ効果があるか判らない」だから保険診療とならない、ということ。
エビデンス重視という考え方は、「普通の治療」といったような印象の標準治療、ではないと判ったのでした。

時間との闘いではあるのでしょうが、まずはある程度の実績のある治療方法からはじめる。
これはそんなにおかしな選択肢ではありません。
そして、それは結果的には保険診療になるのだ、ということ。

ついでに後に、この「保険診療」というのもちょっと印象が違っていたんだと気がつくことがありました。
保険で支払われるのは、例えば薬そのものではありません。
簡単な例で言えばロキソニン。痛み止めで有名な薬ですね。
当然、健康保険で7割りが負担されるものです。
ですが、これは大事な条件があります。
それは、おそらく大多数の一般人が誤解しているところです。
薬そのものが、保険の対象になるのではなく、治療とセット・・・つまり、症状とセットと言えば良いのかな?
だから、保険適用のロキソニンであっても、「下痢で受診した場合は、ロキソニンは保険適用外」となってしまうということです。

が、それはここでは大きな問題ではありません。
ただし、これは後に出てくる臨床試験の治療に関して、大きな意味を持ってきました。

話を戻します。
先生は「せっかくの時間ですから、疑問点がありましたら遠慮無く聞いてください」と仰いました。
そこで、僕は本当はあまりしないだろう質問を先生にしました。

「ウチの家族は、くすり屋をやっているので、健康食品が容易に手に入ります。先生は、これら健康食品(その時はもっと具体的な名称で言っています)について、どう思われますか?」と。
僕は
「そんな効果がわかっていないものにお金を使うのは無駄です」と怒られるかな?と思っていました。
しかし、先生の答えは違っていました。

「その商品は、確かに癌に効くとか、効かないとかいろいろと言われています。私はその商品について調べたことがないですし、大規模な臨床試験が行われたわけではありませんから、効くとか効かないとかの答えを持っていません。ですから、処方する薬との複合効果で悪影響がないのであれば、自由に試して頂いて結構ですよ」と。

否定も肯定もしない。エビデンス重視の考え方。
だけど、その可能性も否定していない。
これを「答えになっていない」と言う人もいるでしょうが、僕はこの答えに妙に納得出来たのです。
ああ、むやみやたらに理屈だけじゃないし、可能性というのを色々な面から見ている。
これは信用したいな、と。

そこで僕はやっと、「先生、これからの治療、よろしくお願い致します」と言えたのでした。

もうちょっと続きます・・・

[http://sick.blogmura.com/ranking_pv.html にほんブログ村 病気ブログ]
[http://sick.blogmura.com/pancreaticcancer/ranking_pv.html にほんブログ村 すい臓がん]
[http://sick.blogmura.com/nursing/ranking_pv.html にほんブログ村 家族の病気・看病]
関連記事
  1. 2014/08/09(土) 20:51:44|
  2. 過去記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fit393.blog.fc2.com/tb.php/17-41fa6da4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad