がん(膵臓癌)に出会って初めて判ったこと

家族がステージ4すい臓癌・手術不適から、手術にこぎつけた

医師との信頼関係(3)

医師、病院との信頼関係とは、ただ単に「本当に頼って良い相手」という意味では無いと思います。

あるとき、もうちょっと治療が進んできてからの話ですが、先生がこんな話をしました。
「だいぶ抗癌剤の効果が出ているようで、腫瘍マーカーも下がってきていますね」と。
だけど、通常、膵臓癌で使われる腫瘍マーカーのCA19-9 は、最初の検査からずっと下限値でした。
これは、血液検査の度に渡される数値の結果表にきちんと書かれています。

そこで、僕は先生にこのように聞きました。
「先生、膵臓癌の場合CA19-9を見るのが一般的でしょうが、ウチの場合、ずっと下回っています。これは、ルイスA抗原がマイナスだからじゃないでしょうか?だとすると、DUPAN2はどのようになっていますか?」と。
先生は改めて、DUPAN2 のグラフを指し示してくれました。

「そうでしたね。大学病院では、DUPAN2の検査は外部依頼しているので、当日には結果が出ていませんでしたね」と。

CA19-9は、膵臓癌でよく使われるマーカーですが、日本人の1割ぐらいがこのマーカーが反応しません。
この場合、別のマーカーを参照するわけですが、どうもマーカー異常=癌の活性化とはいえないようです。
というよりも、それまでの癌の病勢と、マーカーの上下をリンクさせて、その人独自の相関性を探して判断する、というのが正しいニュアンスです。

ここで大事なのは、主治医に「この患者と家族は、ここまでは勉強しているんだな」と知ってもらうことです。
そして、それを知ってもらっていたとすれば、
例えば「今日の血液検査の結果で、来週治療方針を決めましょう」と言った場合、
「え?今日のこの検査表ではダメなの?」という不安にならずに済むので、医者としても言える巾が増える・・・
これは、医者が提供してくる情報が増えると言うことなんです。

患者が、専門用語や医学知識があると、医者としても簡潔な説明ができるようになります。
本来は丁寧な説明をするのが正しいのでしょうが、医者も時間に追われていたりすると、大まかなニュアンスでしか説明しなくなってきてしまいます。
医者に、こちらの理解力を示すというのは、逆の立場なんだろうけど治療での信頼関係を築くのには大事なことだと思います。

少なくとも、抗癌剤とは何かを知っている。
手術適用という意味を知っている。
副作用という意味を知っている。
こういう前提がない場合、往々にして患者側は「先生にお願いします」とか「おまかせします」と言いがちです。
ですが、今の医療現場では「どのようにしますか?」と必ず聞いてきます。

訴訟対策というわけではないのですが、医師の助言によって患者が自らの治療方法を決定しない限り、医師としても冒険は出来ず、ごくごく普通の治療に逃げるしかなくなってしまいます。
リスクとゲインを天秤に掛けたとき、医療者側がリスクを取って患者の予期せぬリスクを上昇させるわけにはいかないからです。
がんという病気では、まだ決定打となる治療法が見つかっていません。
医師はそれでも、なんとか最善を尽くそうとします。
その時に、リスク無き普通の治療で生死の問題を進めたくなかったのです。

リスクとゲインを理解するには、それを説明してもらう必要があります。
あくまでも治療方針を決定するのは(無理な治療をやってもらうのではない場合)患者が選択することです。
詳細に説明してもらうためには、こちらの理解力を判っていてもらわないと、大雑把な説明になりがちです。

これが、医師との信頼関係だと思います。

細部に関しては判らないところがたくさんあります。
だけど、こと医療に関しては、よく調べるとごく基本的な科学の知識で理解が出来るはずです。
そして、医療は、その単純な科学の積み重ねです。
随分前に書いた「マジック」では無いことが分かるのです。

ついでに言えば、医師や病院の立場というのもあります。
例えば、手術適用の際の洗浄細胞診については、プラスであったとしても術後の予後に影響しないという論文も出ていて、ガイドライン的にも明確な前提とはなっていません。
ですが、病院の立場として「洗浄細胞診がマイナスでなければ手術をしない」ということもあるでしょう。

これを知っている場合、医師に対してセカンドオピニオンは言い出しやすく理解してもらうのも容易だと思います。
そして、その前提があれば、医師もリスクとゲインをもう少し患者目線でみてくれるに違いないです。

[http://sick.blogmura.com/ranking_pv.html にほんブログ村 病気ブログ]
[http://sick.blogmura.com/pancreaticcancer/ranking_pv.html にほんブログ村 すい臓がん]
[http://sick.blogmura.com/nursing/ranking_pv.html にほんブログ村 家族の病気・看病]
関連記事
  1. 2014/08/09(土) 22:01:41|
  2. 過去記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fit393.blog.fc2.com/tb.php/16-4f1b8df8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad