FC2ブログ

がん(膵臓癌)に出会って初めて判ったこと

家族がステージ4すい臓癌・手術不適から、手術にこぎつけた

腹腔洗浄細胞診陽性の意味

「洗浄細胞診」と書いていますが、正しくは腹腔洗浄細胞診と言うようです。
面倒ですし、意味は通じますので洗浄細胞診と言っています。
術前の洗浄細胞診の場合は、手術の開腹直後に行うものを言います。

で、なにをやるのか?
腹腔、つまりおなかの中に胃や腸や膵臓などが袋に入っているような状態ですが、その袋の中に生理食塩水を入れます。
これを撹拌せずに取り出して、顕微鏡で観察します。
もし、そこにがん細胞があった場合、転移(腹膜播種を含む)の一歩手前と考えられています。
これは、原発のがんがおなかの中にがん細胞をこぼれさせている状態で、このがん細胞が腸の上にとどまって成長したりすると、外部からがんが転移した状態になります。
腹膜播種は、これらがん細胞が成長して米粒のように散らばって存在していることを言います。

洗浄細胞診で陰性であると言うことは、原発のがんを取り除けば、体の中(腹腔内)には、転移の原因となるがん細胞が存在しないだろう(実際には、血液やリンパによって転移する場合も多いので、可能性が下がるというのが正しいか?)という考え方から、手術前の洗浄細胞診は、無用な手術(せっかく手術をしてもすぐに転移する)を避けるために利益がある、とされています。
が、実は、洗浄細胞診陽性であっても手術後の予後が変わらないとする論文も出てきているために、答えがグレーになっています。
http://www.suizou.org/pdf/pancreatic_cancer_cpg-2013.pdf
CQ-2-2

つまり、ここは、病院の立ち位置や、医師の立ち位置によって変わる可能性がある部分です。

まぁ、ただ、この時は、僕もガイドラインをよく読んでいませんでしたし、排除できる転移の可能性だとすれば尊重できるな、とは思っていました。
もし、この部分で手術不能と判定されている方は、医師にガイドラインの考え方を聞いてみた方が良いかもしれません。

で、ウチの場合は、洗浄細胞診陰性と、腹膜播種の内視鏡検査で陰性であることを手術の条件として目指したわけです。
これは、結果的にはちょっと遠回りすることの原因にはなったのですが、おそらく今思うと、この「洗浄細胞診が陽性でも手術をして下さい」と言わなかったことが1つの良い条件を作り出します。
それは、(あくまでも医師の話ですが)手術をするにしても、術前に抗癌剤を使うと、予後が良い傾向にあるとのことでした。
おおよそ、10ヶ月ぐらい・・・・長いなー
その間に、抗癌剤が効かなくなる可能性だってあるんですから。
だけど、結果的にウチの場合は、洗浄細胞診を陰性にするべく抗癌剤治療の道を選んだので、結果的にはこれから28ヶ月ぐらいの抗癌剤治療の期間が始まりました。

[http://sick.blogmura.com/ranking_pv.html にほんブログ村 病気ブログ]
[http://sick.blogmura.com/pancreaticcancer/ranking_pv.html にほんブログ村 すい臓がん]
[http://sick.blogmura.com/nursing/ranking_pv.html にほんブログ村 家族の病気・看病]
関連記事
  1. 2014/08/16(土) 22:06:06|
  2. 過去記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fit393.blog.fc2.com/tb.php/14-a1b29009
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad