FC2ブログ

がん(膵臓癌)に出会って初めて判ったこと

家族がステージ4すい臓癌・手術不適から、手術にこぎつけた

記事感想【膵臓がんをあきらめない】家族歴と糖尿病は高リスク 症状がでたら医師などに相談を

記事感想「【膵臓がんをあきらめない】膵臓がんの根治は夢ではない~
前回、この記事の感想を書きました。
根治とかの言葉の使い方って言うか空虚感に脱力でした・・・・

で、このシリーズ5回ってことだったので、その第2回の感想を書いておきます。
【膵臓がんをあきらめない】家族歴と糖尿病は高リスク 症状がでたら医師などに相談を
健康診断とかではなかなか見つからないから、高リスク条件の人とか、症状のある人は、気をつけて受診してくださいね。。。っていう趣旨。
それは、本来ならば、医療側で手を回すべき事であって、一般人側が留意することなんだろうか?
そもそも、そういった症状で別の疾患と疑われて胃腸薬などを調剤される病院などでは、
「先生、膵臓の疾患もよく見て欲しいのですが・・・」って言っても仕方が無い。
場合によっては、医師が突っ張って「いや、大丈夫だから」などと言う場合も多いだろう。
ってことは、いくらこちらが気にかけていても、その医師の診断する結果をそのまま信じる敷かないのが現実。
これらを幾ら一般人に言ったところで、果たして、それを注意深く見てくれる医師に当たるのだろうか?
それとも、「あなたは絶対に膵臓疾患はありません」って言ってもらえるか、はたまた「膵臓の病気の可能性があります」と言ってもらえなければ安心できないという笑い話にもならない事態に陥る。

どうも、こういう他人事感があって、記事を読んだところで何に対して、誰に対しての啓蒙なんだろう?って思っちゃうんですよね。

関連記事

テーマ: - ジャンル:心と身体

  1. 2019/01/11(金) 00:39:10|
  2. 情報収集
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad