FC2ブログ

がん(膵臓癌)に出会って初めて判ったこと

家族がステージ4すい臓癌・手術不適から、手術にこぎつけた

後悔していること

タイトルには「後悔していること」と書いてありますが、実はそんなに多くないんです。
例えば、治療に関してはほぼ満足で、100点満点で言えば90点。
残りの10点なんて、もし文章にしたら大げさになるけれども、
それでもそんなことは全体のごくごく一部。

あ、そういえば、エンディングノートが見つからないってのは「まさかの事態」なんだけどね。

で、じゃあなんでタイトルが「後悔していること」なのか?

昨日、賛否両論の国民的テレビ企画、ありましたよね?
今年はマラソンじゃなくてトライアスロンやったヤツ。。。

去年も、チラチラと見ていたハズなんです。
カミさんも一緒に。
再発が見つかった直後だったから、たぶん、力をもらうと言うよりもさらに絶望を感じたり複雑な気持ちだったと思う。
僕も、それまでの数年間で
「こんなに苦しんでいるカミさんを助けて欲しい」的な感じで見ていたんだと思います。
だけど、今年は、ちょっと違った気持ちで見てしまいました。

僕は、闘病中の4年間、カミさんに出来るだけのことをしてきたつもりでした。
だけど、今思うと、それはちょっと違っていたようにも思います。

例えば、カミさんがイカを好きだったなんて、亡くなる直前に知りました。
同時に「おひたし」が嫌いだったこともその時に知りました。
もっとたくさん、一緒の時間を作ってあげられるはずでした。
それは旅行とか大げさなものではなく、近所の買い物とか、一緒に過ごす時間。
もっとたくさん、笑わしてあげられるはずでした。
もっとたくさん、安心させてあげられるはずでした。
そんな小さな事が、もっともっとたくさんできたんじゃないか?と。

テレビで夢を叶える企画に嫉妬するほど大きな事じゃなくて、
もっと小さな事(すら)をやってあげられなかったのかな?と。

彼女は1年前、手術が終わってから僕にこう言いました。
「あなたは、私のヒーローだよ。私が困ったときに、なんでも解決してくれたよ」と。
いやいやいやいや、そんなんじゃないよね。
もっともっと手軽な小さな幸せを、もうちょっと増やしてあげられたはずだから。

ヒーローは、その小さな後悔に躓いて、今でも泣き出しそうなときがあります。

これを読んでいるあなたは、ヒーローになってください。
小さな喜びを、小さな想いを、できるだけたくさん伝えてください。
大きな夢を追いかけるのと同時に、小さな幸せの積み重ねを忘れないでください。

関連記事

テーマ:健康で元気に暮らすために - ジャンル:心と身体

  1. 2018/08/27(月) 22:46:59|
  2. 現在進行形
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad