FC2ブログ

がん(膵臓癌)に出会って初めて判ったこと

家族がステージ4すい臓癌・手術不適から、手術にこぎつけた

二回目の低容量抗癌剤

・・・
タイトルに低容量抗癌剤と書きましたが、これは病院的に治療として提案したものではなく、あくまでも家族である僕が「何らかの治療をして欲しい」と要望したことに対して、処置してくれた方法が「GEM 200mg 隔週」だったので、勝手に名付けているものです。
いわゆる、巷で議論されている「低容量抗癌剤療法(支持療法)」を「病院が積極的にやっている」ものではありませんから、その点は誤解無きようお願いします。
・・・

2日前に、僅かにせん妄の兆候が見られた4月最終週、二度目の低容量抗癌剤の日でした。
血液検査の結果も異常がないとのことで、予定通り抗癌剤投与が出来ました。
さて、問題のせん妄の件ですが、僕自身はがんの影響とは思っていないので、緩和外来にて説明しました。

僕が伝えたのは、以下のようなものでした。
・朝方とブロチゾラムを飲んだ直後にせん妄のような状況があった
・オキシコンチン系とロキソニン錠で服用タイミングが1日に9回と、食後の薬が3回では、間違いが起きそう
・頓服が必要だということは、鎮痛効果よりも副作用のほうが上回っていないか?
・抗癌剤が痛みを少なくしているとすれば、副作用が上回らないか?
・オピオイドローテーションを考慮して、フェンタニルテープを使うのはどうだろうか?
というものでした。

このことは、前日に本人とよく話したことでした。が、この場になって本人が医師の前で僕を咎めました。
こりようなことは今までもよくありました。
僕の喋り方は、割と「強要的」に聞こえる場合が多いらしく、本人にしてみると「素人が専門家に、聞きかじりの知識で失礼な物言いをしている」と受けとられるのが嫌なようなのです。
本人の気持ちには、病院の医師・看護師に対しての尊敬と信頼と感謝があり、その関係を大事にしたいというものです。

なかなか上手くいかないですよね。

緩和の医師からは、とりあえず今回は様子を見ましょう、というものでした。
確かに、オピオイドローテーションは、別の薬を渡せば済むようなモノではないでしょうからね。

この日も、いつものように街中でおそばを食べて、デパートの惣菜売り場で買い物をして帰宅しました。
数日後には僕らの結婚記念日があるので、ケーキも買ったり。

ですが、このあと数日で体調が悪くなり、本人が選んだ買い物は、今のところこのケーキが最後になっています。

関連記事

テーマ: - ジャンル:心と身体

  1. 2018/04/27(金) 06:57:27|
  2. 現在進行形
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad