FC2ブログ

がん(膵臓癌)に出会って初めて判ったこと

家族がステージ4すい臓癌・手術不適から、手術にこぎつけた

その後の治療

4月の初めに肝胆膵外科で化学療法を提案されて、その後緩和外来に向かった・・・
ここで前回のブログが終わっていました。
ちょっといろいろ忙しくて続きが書けないでいました。

緩和外来では、特に入棟説明などの話では無く、本人からすれば入院時から引き続いての痛み対策、といった感じで受診できました。
僕は看護師さんにも先生にも初めて会ったのですが、本人は入院時から良くしてもらっている方のようで、僕だけが「はじめまして~」って感じでした。
が、看護師さんも先生も、どちらかというと「あ、この人が・・・」って感じで・・・(^^;
どうやら、そこそこ知られている患者・家族になっているみたいです。

そりゃそうですよね、殆ど一緒に来ていますし、入院中は必ず毎日面会に行きますし。
それと、なんといっても、この病気でこれだけ長く肝胆膵外科にかかっている患者もいないのだと思います。

痛み止めは、現在は、オキシコドンを朝・昼20mg夜30mg
それと、レスキュー(頓服)でオキノーム10mg最大4包、ロキソニンを4錠。
だいたいは、オキノーム2~3包、ロキソニン1~2錠を使っていますね。
ただ、最近は、ちょっと状況が変わってきていて、これを変えてもらった方が良いんじゃ無いか?という感じです。
このことは、また後ほど詳しく。

翌週4/13から、抗癌剤はジェムザールをだいぶ少ない量で隔週で投与することになりました。
副作用が少なくて、効果があれば良いんですが・・・



**記事の日付をアップした2018/05/09 から、実際の日付に変更しました。**
関連記事

テーマ: - ジャンル:心と身体

  1. 2018/04/07(土) 11:53:04|
  2. 現在進行形
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad