がん(膵臓癌)に出会って初めて判ったこと

家族がステージ4すい臓癌・手術不適から、手術にこぎつけた

4回目の洗浄細胞診は2(良いことと悪いこと)

前回の続きです。

かなり長い時間待たされた検査でした。
まぁ、それだけ丁寧に腹膜播種を見ているって事なんですけどね。
今回は、胆嚢を取るかも知れない、っていうことと、卵巣は取る、ってのがあったので5時間ぐらいかかりました。

で・・・結果は・・・
洗浄細胞診は陽性、これは予想していたことでした。
腹膜播種はなくなっています、、、、え?もう一度言って?
「播種は無くなっていました」
これは、すごく意外なことでした。
腹膜播種の予後があまり良くないってのはネットで良く目にしていましたから。

が・・・卵巣の腫瘍は、迅速診で悪性と。おそらく、癌だろうと。
それと、残念ながら、胆嚢は癒着が進んでいて、取るのは難しいと判断したと。

うーん。。。。この第一印象は、ちょっと言葉になりませんでした。
まさか腹膜播種がなくなっているなんて、これは大金星ですよ。
だけど、摘出した卵巣は癌だった。。。

その時、一つのことが閃きました!
「先生、転移巣がある場合に手術できないのは知っています。腹膜播種も転移巣と考えられますし、今のところ卵巣も原発かどうかはわかりません。だけど、腹膜播種は消失していますよね?卵巣が、仮に膵癌由来の転移巣だとしても、もう既に摘出しているって事は、この時点では転移巣が無い、ってことじゃないですか?」
先生は、小さい声で「あっ」って言ったように思えました。
そして「そうですよね。主治医とよく相談します」と。

そうです。
手術適用になるには、ステージがどうとかそんな単純なものでは無くて、もっと具体的な条件がありました。
1つは、洗浄細胞診が陰性であること。
もう1つは、明かな転移巣(腹膜播種を含む)がないこと。

つまり、転移していた部分があったとしても、手術検討の時に転移巣がない、ってことは・・・
という、なかなか一般的な過程を通っていない患者の条件になったわけです。

結果的には、卵巣の腫瘍が最初から癌だと判っていた場合、転移巣があると言うことで手術適応にはならず、おそらく手術前提の検査(洗浄細胞診など)も行われなかったでしょう。
卵巣の腫瘍が「とってみないとわからない」ものだったから起きた奇跡のようなものです。

ついでにいうと、ウチではPET検査をしていませんでした。
それは、閉所恐怖症で、CTもなんとかガマンして撮っているようなもの。
もし、PETで卵巣腫瘍が高確率で癌だと判っていたとしたら、このような検査の流れにはなっていなかったかもしれません。
非常にラッキーな結果でした。

これで、教授回診の時、
「じゃあ、次は5回目?」と教授と主治医が話していたのが印象的だったそうです。

[http://sick.blogmura.com/ranking_pv.html にほんブログ村 病気ブログ]
[http://sick.blogmura.com/pancreaticcancer/ranking_pv.html にほんブログ村 すい臓がん]
[http://sick.blogmura.com/nursing/ranking_pv.html にほんブログ村 家族の病気・看病]
関連記事
  1. 2016/04/15(金) 15:24:47|
  2. 過去記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fit393.blog.fc2.com/tb.php/1-e5df19eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad