FC2ブログ

がん(膵臓癌)に出会って初めて判ったこと

家族がステージ4すい臓癌・手術不適から、手術にこぎつけた

痛み止めの悩み

僕はどちらかというと痛みに弱いんじゃないか?と思っています。
まぁ、大抵の男性は女性に比較して痛みに耐性が無いと言いますね。

だから、おそらく僕だったら、痛み止めは頻繁に飲むと思うんです。
だけどウチの場合はちょっと違っているんです。
どうしても胃腸の調子を考えた「空腹時を避けて飲む」「時間をあけて飲む」っていうのを守ろうとするんですよ。
確かに、それによって胃腸の調子が激変するのは怖いんだと思うんですけど、これがいくら「心配ないから」と言っても、変えようとしてくれません。
そうすると、いつまでたっても痛みと同居してしまう。
連鎖的に、自分の病状をかなり悪く想像する。
という悪循環にはまってしまいます。

再発の治療がかなり難しいのは理解しています。
本人が覚悟を決めるのは悪いことではありませんが、それと病状悪化を認めるのは違うと思うんですよね。

っていうのは、当の本人では無いから言えることなんでしょうかね。
僕的には、ちょっとでも快調な時間はすごく嬉しいんですけどね。
病気を受け入れるのは良いことだと思います。
だけど、それと病状悪化と衰弱を受け入れるのは違うと思うんですよ。

どう伝えたら良いのかわからない。
無理させたいわけじゃない、無理するのはそこじゃないんだよ。
自分がどれだけ治療の勉強をしても、僕は医者じゃ無い。
だから、本人が決めること、感じることを否定する根拠が無い。
頷いて、聞いてあげるしか無い。

この無力感はどうしたらいいんだろうか?
何も力になってあげられないのが、もどかしく、寂しく、つらいです。

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/09/25(月) 17:56:46|
  2. 現在進行形
  3. | コメント:0

痛みのコントロール

先々週は、3回目のGEM。
栄養指導で体脂肪やら筋肉量などを計測したりしましたが、体重は減っているのに筋肉量が増えていて看護師が驚いていました。
ええ、体重減少が多かったので、筋肉増強剤的なものを処方してもらっていましたからね。
で、先週は1週休みです。

痛みのコントロールが難しいです。
一般的に効果が長いとされているセレコックス、オキシコドンをベースとして、頓服的にロキソニンかオキノーム。
これの組み合わせがイマイチ正解に辿り着いていない感じです。
日中は、食事をしていなければさほど酷くはないらしく、食後にロキソニンを飲んでいるようです。
セレコックス100mgは、夕食後20時頃に2錠服用しても、2時ぐらいにオキノームを飲んでいます。
寝る前の薬をオキシコドンにしても、6時間後のオキノームは飲んでいるようです。

で、朝はまり調子が良くないようです。
最近は、吐き気というかムカムカ感があるようです。
これは、GEMの副作用かも知れません。
で、39kgあたりを推移していた体重も、また38kg台に落ちてきています。

ただ、これだけは言えるのですが、痛みがあるとかなりメンタル的に弱くなってしまいます。
最近の治療方針では、痛みは積極的に押さえるのが主流のようです。
が、病院の処方は、まず弱い薬(少ない量)から、という感じなので、なかなかスパッと痛みが無い状態には持ち込めないようです。
これだと、痛みが強いときは「もうかなり進行したんだ」とか弱気になります。
何と声を掛けて良いのか、正直言ってわかりません。
「大丈夫だよ」なんていうのも、何が根拠なのか?
ですが、痛みが無いときはすごく元気で活発です。

体も心も、痛みから遠ざけてあげたいです。

テーマ: - ジャンル:心と身体

  1. 2017/09/20(水) 09:08:08|
  2. 現在進行形
  3. | コメント:0

痛み止めは食後?

先週、GEMの2回目でした。
まずは、痛みが治まってくれること。。。これが第一です。

ブログを読み返しても、痛みがコントロールできてたり出来ていなかったり、いろいろな書き方をしていますが、要するにこれといってドンピシャがない、っていうことです。
セレコックス100mgを朝晩、ロキソニン50mgを頓服として使っていますが、これの効いているタイミングが悩ましいです。
大抵、食直後に腹痛が来るのですが、セレコックスは効き目が長い代わりに、効き始めが割とゆっくり。ロキソニンは、結構早いけどそれでも30分ぐらい後。
食直後に間に合わないわけです。

で、聞いてみました。
「食前に飲んではダメなのか?」

答えはあっさり「大丈夫ですよ」と。

これ、理屈を聞いて納得出来ましたよ。
大抵は、食後に・・・つまり、胃の中に何か入っている状態で、っていうのが定番です。
なぜなら、特にロキソニンは、胃を荒らすことがあるから、と言う答え。
じゃ、なぜ「いいですよ」なのか?

ロキソニンが胃を荒らすのは、胃からの消化液が過剰に分泌されるから、らしいです。
その消化液が、自身の胃壁を荒らしてしまう(自身を消化する、って感じですね)から。
だけど、既に他の薬によって胃酸は押さえている状態だから、問題ない・・・と。
ソレを聞いて、本人もやっと納得出来たようです。

食間に痛くなったときに、結局何かをおなかに入れないと痛み止めが飲めない・・・食べると痛い・・・
こんなループにはまっていたようです。

さて、GEMの効果ですが、まだ2回目ですから、実感できる程じゃありません。
当然副作用も実感できるほどじゃないです。
少し手足に痺れがあることと、翌日あたりに少しだるさがあるくらいでしょうか?
まずは、癌の進行が少しでも止まってくれて、痛みが改善されると嬉しいです。

痛みさえ無ければ、本当に元気で・・・・といっても、体力は無いので、飛び跳ねたりはしませんがね。
食事も、痛みさえ無ければ、1人前ぐらいは食べられているようです。
体重の減少も止まってくれているようで、39kg前後でウロウロしています。

DUPAN2 の値も、若干は上がっていますが、それはGEMはじめる前ですからね。
250位なんですが、本人は激烈に上がっているかも知れないとビビっていたらしく、ちょっとホッとしたようでした。

僕もちょっと、嬉しくなります・・・元気なのは、病気に勝つための一番の要素だと思っています。
このペースのまま、治療が進んでくれれば良いな・・・と。


テーマ: - ジャンル:心と身体

  1. 2017/09/04(月) 14:23:11|
  2. 現在進行形
  3. | コメント:0

FC2Ad