FC2ブログ

がん(膵臓癌)に出会って初めて判ったこと

家族がステージ4すい臓癌・手術不適から、手術にこぎつけた

何も言えない

友人がガンになったり、読んでいたブログの方が病状が変わったり。。。
そして、良いことも、悪いことも、その時々でいろいろある。
もちろん、それはこっちも同じ。

なんて言えば良いのかわからない。
ガンバレも禁句になりつつあるし、かといって大変だよね、ってのもおかしいし。
心を痛めていたり、励まされたり、また逆に励ましたくなったり。

だけど、本当はどんな言葉が良いのかな?って思うと、それが言えないです。
3ヶ月前に、戦友のことを書きました。
http://fit393.blog.fc2.com/blog-entry-39.html

彼が手術できたとき、おめでとうという言葉と同時に、羨ましい気持ちが湧きました。
ウチの方は、励みになったと言っていましたが、やっぱり羨ましかったと。

僕らが手術で退院するとき、彼は緩和病棟に入ることを考えていました。
なんて言えば良いのか判らなかった。
気持ちを察すれば察するほど、言えなくなった。

だから、そういうときは、笑って寄り添うしか無いんだよな、って。
もし何かを求めていたら、全力で答えるために。
その準備だけしていれば充分なのかな?

僕らは、来週定期検査です。
体の調子は、なんというか、おそらくTS1の副作用がちょっとずつ溜まってきていて
味覚障害や、しびれ、だるさ、胃腸の不快感があります。
すごく怖いですね。
乗り越えるっていうよりも、身を任すしか無いんだけどね。

そうだ、友人の手術、どうなったんだろうか?
良い方向に向かってくれればいいな。
祈るしか無いね。
うん、祈っているよ。


テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

  1. 2017/04/21(金) 23:59:26|
  2. 現在進行形
  3. | コメント:0

FC2Ad