FC2ブログ

がん(膵臓癌)に出会って初めて判ったこと

家族がステージ4すい臓癌・手術不適から、手術にこぎつけた

5回目の洗浄細胞診の結果は

つづき・・・2016年10月26日の話です。
5回目の洗浄細胞診と内視鏡観察の日を迎えました。
慣れてしまっている入退院と手術ですが、痛みに慣れるわけではありません。
何回も、良い結果や悪い結果で感情を揺さぶられるのですから、回を重ねる毎に嫌な気持ちでこの日を迎えるようになっていました。
もちろん、本人だって頑張ってこの日を迎え、手術されるわけですが。

2~3時間で済むと言われながら、毎回プラス2時間なんてのは当たり前でした。
やはり、5時間かかって出てきた担当医が、僕の待っている食堂に来ました。
「あ、じゃ説明します」と付いていったら、廊下の途中で足を止めて話を始めました。

え?こんなところで? と思いましたが、結果を聞いて納得しました。

「洗浄細胞診はついに陰性になってくれました。もちろん、播種はありません」と。
「じゃ、ついに手術に行けるんですね!!」と言う僕に担当医は
「まぁ、それは主治医と話をしてですが、そうなるでしょうね」と、そっけなくもしかし慎重に言葉を選んで回答しました。
思わず僕は「ありがとうございます」と握手を求めてしまいました。
ついでに、すこし涙が溜まっていたかも知れません。
担当医も、そこではじめて喜んで「頑張りましたもんね。5回目ですからね」と。

この先生が担当すると知ってから、実はちょっとお願いをしていました。
というのは、一番悪い結果になった3回目の時、この先生が担当でした。
腹膜播種があったと言うことは、僕はその場では伝えられずに帰ってしまったのです。
先生が、朝、その事実を伝えていたようですが、この時のことを今回先生と話をしていました。

「先生、もし結果が悪かった場合は、やっぱり僕の口から言った方が良いんでしょうね」
「あ、じゃ僕から伝えましょうか?」
「いや、そういう意味じゃ無くて・・・なんていうか、この検査を重ねる毎に怖さが増してるんですよ」
「まぁ、5回目となると・・・私もあまり聞いたことが無いですね」
「良い結果だったらすぐにでも伝えられるんだけど、麻酔効いているうちに僕が聞いちゃうと、どうしても僕が伝えることになるんだよな」
「良い結果になればいいですね」

なので、結果を聞いた僕は「あ、もう麻酔醒めていますかね?」と担当医に聞きました。
「あ、もうお話しできる状態だと思いますよ」
「ありがとうございます、早速伝えてきます」

で、本人に
「がんばったね!洗浄細胞診も陰性だったようだよ!」と伝えました。
4人部屋の病室でしたが、ちょっと大きな声だったかも知れません。
そうしたら、本人がたどたどしく、こう答えました。

「う、ん、、、い、ま、せんせいにきいた、、、」

いやいやいやいや、先生、それは僕の仕事だってば(笑)

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/10/26(水) 15:10:27|
  2. 過去記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad