FC2ブログ

がん(膵臓癌)に出会って初めて判ったこと

家族がステージ4すい臓癌・手術不適から、手術にこぎつけた

腹腔内投与の断念 GEM+TS1開始

これから、2014年の9月から10月のあたりの話を書きます。

主治医からは、1回目の洗浄細胞診の説明の時にも、病状や、今後病気がどの様になっていくのか?治療法、様々な事を丁寧に説明されていました。
おそらく、8月の時点でちょっと揉めたから「要注意患者・家族」と思われたのかも知れません。
いや都合よく解釈すると「時間を掛けて説明すれば、説明した分だけ理解できる」と思ってくれたのかも知れません。

治療方法の説明も非常に丁寧なものでした。
まだ、病勢がハッキリしていない時点ですよ。

例えば、治療法には大きく分けて3つ。手術、抗癌剤、放射線。選択肢はもう1つ、治療しない。
なので、4つの方法の利益と不利益を説明されていました。
さらに、手術するにしても、術前化学療法が有効だと思われること。
術後の化学療法も必要だと言うこと。
もちろん、それらを「やらない」という選択肢もあること。
ただし、希望だからと言って「どんな状況でも手術する」とはいかないこと。

これら選択肢に、健康保険が絡んでくる、病院として可能な方法かどうか、こういったことを説明されたので、例えば世の中に存在している(科学的に検証されている)治療法で、やれるモノやれないモノの話にもなりました。

で、洗浄細胞診で、陽性だった。
大学病院での手術適応ではない。化学療法を第一選択肢とする。となったわけです。

そこで、提案されたのが、腹腔内投与の臨床試験でした。
前のエントリーに説明をしたのですが、
最初は「臨床試験」という言葉にびびったのは正直なところです。
だけど、よくよく説明を聞けば、胃がんでは保険診療になっている治療法であるし、テクニカル的には充分納得のいく方法であるし、それ以前の試験で良い成績が出ているし、断る理由はありませんでした。
この臨床試験で言えば、確かに「効くのか効かないのか」を試験をするモノですが、保険診療というハードルを越えるために実施している、といっても言い過ぎでは無いような気がしました。
さらに、副作用が少ないだろうと予想したこと。
こんな理由も承諾した理由でした。

が、結果的には、この治療は出来なくなりました。
おなかの皮膚直下に設置したポートに、点滴の針を刺すのですが、最初の時、どうやら針が短くて、ポートまで届かないという事態になってしまいました。
そして、その時に担当した医師が、あまりにも軽率な感じがしたのです。
主治医に言いました。
「長い針の在庫がなくて、治療できなかったなんて、そんなバカな話があるか?」
「初めての抗癌剤でビビっているのに、担当の医師も、粗雑で軽率な感じだった」

次の週、僕らは病院に行くのをやめて、よく話し合いました。
僕としては、怒っていても治療は出来ないから、なんとか今後の治療に影響がないように考えての行動でしたが、本人がためらうことになったのです。
その次の週、治療前日に外来で、まずはポートの流路確認から。
ここでは問題なく流れることを確認できました。
ところが、翌日の治療の日、長い針は届いたのですが、薬剤が若干漏れている可能性がありました。
これは、最初の生理食塩水の段階で判ったことですが、このまま抗癌剤を流して漏れてしまうと、皮膚や皮下脂肪に悪影響があると言うことで、再び中止となりました。

これで、治療登録から、初回の治療日までの期日を過ぎてしまい、臨床試験の治療は出来なくなってしまったのでした。

ふたたび主治医に言いました。
「こんなスケジュールになるなら、先に言って欲しい。無駄な1週間がもったいなかった」と。

こうして、残念ながら、別の治療法を選択することになったわけです。

この時点での選択肢は
・抗癌剤 ジェムザール
・抗癌剤 TS1
・抗癌剤 FOLFILINOX
・放射線
・治療しない

これらを組み合わせたモノ、ということになりました。
そして、2回目の洗浄細胞診陰性・腹膜播種陰性を目指すということ。

ただ、僕としては結局、膵臓がんが確定してから、ほぼ3ヶ月を無駄にしてしまったと感じていました。
この時点では、この3ヶ月を後悔しないようになれば良いな、と願っていました。

結果、10月からGEM+TS1を選択しました。

副作用については、その程度によって量を変えるということや、酷い吐き気などはない(量もコントロールするし)、ただ脱毛などはあるだろう、と。
いよいよ、考えたくなかったウィッグを用意しなければいけないのかな?
本人のショックは大きかったと思います。

[http://sick.blogmura.com/ranking_pv.html にほんブログ村 病気ブログ]
[http://sick.blogmura.com/pancreaticcancer/ranking_pv.html にほんブログ村 すい臓がん]
[http://sick.blogmura.com/nursing/ranking_pv.html にほんブログ村 家族の病気・看病]
  1. 2014/10/10(金) 14:25:11|
  2. 過去記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad