FC2ブログ

がん(膵臓癌)に出会って初めて判ったこと

家族がステージ4すい臓癌・手術不適から、手術にこぎつけた

ためしてガッテン「生存率が2倍に!すい臓がん超早期発見SP」を見て

http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20181017/index.html?c=health
ためしてガッテン「生存率が2倍に!すい臓がん超早期発見SP」
10月17日に放送され、録画をやっと見ました。
いくつかのブログで、内容を読んでいたので余り期待はしていなかったのですが・・・
正直言って、いろいろとガッカリしたのが本音です。

タイトルにもあるように、本題は「超早期発見」です。
メチャクチャ簡単に内容を説明すると・・・
「膵臓癌の5年生存率が極めて悪い。それは、膵臓癌そのものの悪性度もさることながら、自覚症状があまりないので病状後期に発見され、治療開始になる場合が多いから。だけど、膵臓の位置が前後から隠れた場所になっているため、なかなか小さい腫瘍の段階では見つかりにくい。当然、CTなどを使えば発見できる可能性は上がるが、健康診断に含まれていない場合も多く、設置してある病院も多くはなく、見つけやすい環境ではない。ところが、膵がんの前兆の膵管拡大と、嚢胞の発見であれば、殆どの病院で設置してあるエコー検査で見ることが出来る。これだと、手軽でもあるし、診療費の自己負担も安い。この前兆を見つけた場合は、大きな病院で定期的に検査をすれば、仮に膵臓癌になったとしても、初期状態で発見できるから、治療効率が上がり、生存率上昇に期待が出来る」
・・・というものです。
もうちょっと詳しくは・・・
https://blog.goo.ne.jp/mizuironokomorebi/e/cb289b808a6d84e29ebc4d5e48f12e90?fm=rss
ここなんかいいかな?

で・・・・ここでいう「生存率」というのは、あくまでも生存率計算の「初期罹患数」を増やすことによるもの。言い換えれば、マジックです。
既に罹患している患者にとっての生存率が上昇するわけではありません。

次に、番組では、エコー検査が2000円(健康保険適用で3割負担の場合)ほどと解説していましたが、本当にそうでしょうか?
どこかで書いたかも知れませんが、保険診療というのは、薬品や、手技などそのものが保険診療になっているのではありません。
例えば、痛み止めの代表選手であるロキソニンは、当然保険診療に使えますが、これが「胃の不快感がある」として受診した場合は、ロキソニンは保険診療処方とはならない(はず)なんです。
つまり、ある種の症状や病態と薬品、手技がセットになってはじめて保険診療と見なされるわけです。

さて、今回番組で取り上げられているエコー診断について。
まだ膵臓癌の疑いも確定もない時点での検査。
しかも、その診断方法そのものが健康保険適用とは聞いていませんから、本当に3割負担で受診できるのでしょうか?

そして、その後の検査は、エコーではなく、定期的にCTなどでの診断ということですよね?
これも、診断の根拠は何になるんでしょうか?保険診療となりますかね?

----
実際問題、殆どの癌で治療効率が上ガル方法は、早期診断なのは間違いありません。
だからといって、極端な話、毎月毎月精密検査をすれば良いのか?といえば、それは現実的ではないでしょう。
だから、スクリーニングの手法が必要で、危険因子の生活習慣などから絞り込んでいくのもよく分かります。

それでも、年間1%の発見率となると、30年でも7割の人が発症しないわけで、この手法が果たして番組として取り上げるだけの価値があったのか?とも感じました。
しかし、その一方で、大多数の健康体の人達から見たら、この方法が早期発見に一番近道であるのも事実で、それしか無い状態に膵臓癌に関わる医療者が置かれているのもよく分かります。

その現状と、このタイトルの印象・・・つまり、「生存率が2倍」という言い回しのフィット感の無さ・・・
むしろ、生存率を気にしているのは、患者や家族なのに。

そう思うと、様々な意味でガッカリしたという気持ち、そして現実の無力感・・・
情報のいい加減さによって、誤解も助長されかねない?と思うと、、、、、
ガッカリ、という言葉しかありませんでした。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2018/10/22(月) 10:36:48|
  2. 情報収集
  3. | コメント:0

膵臓癌に対しての心構え

また1ヶ月経ってしまって広告配信になっちゃったので・・・・

先月、隣の県で開催された市民講座「膵がんを知ろう!」に行ってきました。
理由は2つありました。1つは、僕らの治療選択の答え合わせ。
もうひとつの方が大きい理由だったのですが、講師が通っていた病院の肝胆膵の教授と、最初に見てもらった病院からお世話になった先生だったからです。

最初に見てもらった先生・・・これちょっとややこしいんだけど、
http://fit393.blog.fc2.com/blog-entry-18.html
この時の先生です。この先生に出会わなければ、長く治療を続ける気になったかどうか・・・

で、内容については、非常に判りやすく、膵臓癌の基本的なことは全て理解できる内容でした。

それと、昨日だったかな?NHKの番組でも膵臓癌について解説していました。
https://www.nhk.or.jp/kenko/disease-375/
(あ、ここにもその教授が出ている)
これも、膵臓癌について、非常に判りやすい番組でした。

が・・・・・
これでいいのかな?とも思っちゃったんです。

膵臓癌を知っているということと、病気に臨む患者・家族の立ち位置ってちょっと違うと思うんですよ。
例えば、両方とも治療に関しては「手術できる場合」と「手術できない場合」について解説しています。
が、「なぜ手術が出来ないのか?」ということは、詳しく解説されていません。

僕らも最初は、技術的に困難なのか?とか、上手な先生だったら切れるんじゃないか?とか思っていましたから。
全く違う理屈なんですけどね。
そうすると、この誤解がある場合には、抗癌剤治療をやって手術を目指した場合に「小さくなってくれれば手術できる」と思ってしまう。
もっとたくさんの理屈があるわけです。
過去記事にたくさん書いてますが、
・(当然)技術的に切除可能なのかどうか?
・技術的に可能だとして、転移の可能性は低く抑えられるのか?
・転移とはどういう意味なのか?
・体力的に手術・術後を乗り越えられるのか?
・体力回復が遅い場合、術後化学療法ができるのか?
・再発の可能性がある場合、それまでに他の治療が出来る程の体力回復が望めるのか?
これら全てのことをクリアして、はじめて手術に臨むわけです。

また、残念ながら、完治を望めない場合に、どのようにして余命を寿命に近づけるのか?
といった心構えについては、その目標自体は隠されてしまいがちです。

そして、こうやって書いてみると、これは膵臓癌だけではなく全ての癌、難病の治療への心構えのようにも思えます。
病気の知識があっても、いざ当事者になったときの対処方法は、殆ど知られていません。
だから、当事者やその家族は、自分たちがそうであったように他人に癌のことを話さなくなってしまいます。
孤立していくんです。
ここをどうやったらサポートしていけるのか?

ただ、これだけは言えます。
今すぐ完治しなくとも、とにかく長く健康体で生きることに努力しましょう。
現在医学の進歩のスピードは凄まじいです。

僕らは、遺伝子検査を出来なかったことは残念ですが、アブラキサンが承認されたことによって劇的に良い方向に向かいました。
僕らが残念がっているのと同じように、この薬が承認される前に亡くなった方は残念に思っているでしょう。
だから、治療の最大のコツは、まずは体力を付けて長く生きることです。

テーマ: - ジャンル:心と身体

  1. 2018/08/17(金) 11:48:11|
  2. 情報収集
  3. | コメント:0

間に合うかな?

https://www.nhk.or.jp/gendai/schedule/

“最先端”がん治療トラブル

後で感想書いてみます
  1. 2018/06/05(火) 20:48:38|
  2. 情報収集
  3. | コメント:0

がんの治療は、思想や信仰に似ている

明日、定期の外来日です。
TS-1はお休みさせてあげたいな、っていうのが正直なところです。
気分的に優れないのもあるのですが、さらに食後の胃の痛みによって、食事があまり取れなくて体重減少と体力低下が続いているからです。さらに気分が落ち込みます。悪循環です。
だけど、本人にとっては(もちろん、家族にとっても)「仕方が無いから抗癌剤を休む」ということはしたくないというジレンマもあるんですよね。
勝手な希望で言えば、信頼している今の主治医に「じゃあ、7ヶ月もTS-1やったから、1ヶ月ぐらい休んでみましょうか?大丈夫ですよ」って言ってもらいたいんですよね。
もっといえば、検査の結果も「どこも異常ないですよ。頑張りましたね」って言ってもらいたいんです。
こればかりは、僕が言えるものじゃないですからね。

さて、タイトルの件です。
未だに「抗癌剤の是非」というのは、よく話題になる部分ですね。がんもどきの話とか。
治療方法に明確な決定打が無い現代では、「これが正しい」というものはないでしょう。
ただ、その「話題」のなかで、明確に「いやいや、それは間違ってるだろ」っていうのもあります。

それは、
「抗癌剤は、毒であり、それでも治療に使用されているのは、利権が絡んでいるからである」
というもの。

毒という定義は、量によります。塩ですら、摂取量が多量でも、過少でも死に至ります。
何が明確に間違っているのか?
「利権が絡んでいるから使い続ける」という部分です。
なぜか?

この定義だと「毒だとは判っていて、むしろ生存率やQOLを下げることは判っているんだけど、莫大な利益が上がるから使われている」ということになります。
これ、おかしいでしょ?
生存率やQOLを下げる(だけ)ものだとすれば、その薬を使うことによって、患者の状態を悪くしてしまって、薬を(実質)使う期間を短くしてしまっています。
ということは、利益誘導から考えれば、何の効果も無い「水」などを成分にした方が原価は低いし、使われる期間は長いし・・・
僕が製薬会社の社長だったら、そのように考えます。

確かに、抗癌剤の使い方は単に「標準量で強ければ強い方が良い」というわけではありません。
命を縮めてがんをやっつけようとするのは、本末転倒です。
そこを理解して運用してくれる病院、医師と出会えることが大事でしょう。

そして、抗癌剤だけで完治することは無いかも知れない。だけど、それと、人間らしく長く生きる、ということは別の到達点です。
そう考えると、今のがん治療は、思想や信仰に似ているな、と思うんですね。
だから、これも、僕の思想と信仰でしかありません。

テーマ: - ジャンル:心と身体

  1. 2017/07/20(木) 09:42:29|
  2. 情報収集
  3. | コメント:0

便利だったもの7(アロパノール)

タイトル的には過去形になっていますが、これは、病気のずいぶん前から現在でもお世話になっている薬です。



アロパノール
画像は、錠剤ですが、顆粒タイプとドリンクタイプも販売されています。
簡単に言えば、精神安定剤。
ちょっと気持ちがふさぎ込んでいたり、不安があったり、イライラしたり。
これを軽減させてくれます。
かといって、眠くなるわけではありませんから、安心です。

患者として使うのはちょっとどうなのか判りませんが・・・
だけど、家族としての心の負担はどうしても避けられません。
病気の治療で一番大事なことは、ポジティブに生活すること。これに尽きます。
本人の気の持ちようも大事なんですが、
最大の理解者の家族が不安そうにしていると、患者の方が心配させまいとして頑張っちゃったりします。
これは大変なんです。
だから、家族もできるだけポジティブでいた方が良いと思いますよ。

テーマ:健康で元気に暮らすために - ジャンル:心と身体

  1. 2017/03/22(水) 20:51:31|
  2. 情報収集
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad